完治しにくい心の病に注意|うつ病は周りの理解も重要なポイント

女性

心を健康にする方法

女性

うつ病の治療には周りのサポートだったり病院の協力が必要だったりとなってきますが、誰にでも発症する可能性のある心の不具合と考えて身構えずに肩の力を抜いていきましょう。また、前向きに人生を生きていけるように積極的に利用していくべきです。

» 読んでみよう

ストレスが原因の心の病気

相談

うつ病は環境の変化や、過度の精神的ストレスによって発症する心の病気です。うつ病の治療は薬物療法と十分な休養が基本となります。うつ病になる人の多くが休むことを嫌い、常に完璧を目指し心も体も疲弊しきっている場合が殆どなのです。自宅にいると落ち着かず、休養をとれない人には短期間の入院が勧められます。

» 読んでみよう

心の病気と上手に付き合う

窓

注意したいこととは

うつ病は今やすっかり珍しい病気ではなくなりました。周囲にこの病気にかかっている人がいる、という方も多いことでしょう。それでもまだまだその理解が深まっているとは言えないのが現状です。周囲、あるいは患者さん本人の不適切な対処により難治化してしまうことも多々あります。うつ病治療においてどのようなことに注意したらよいのか見ていきましょう。うつ病治療で第一に心がけなければならないことは「これは必ず治る病気なのだ」と認識するということです。うつ病は、例えば他の病気のように熱が下がれば治癒した、ウィルスが死滅すれば治ったというものではありません。症状が改善したかと思えば悪化したりをくり返しながら、少しずつ回復に向かっていくのです。その過程で「いつまでこのままなんだ」と焦ってしまう方がいますが、これはよけいに回復を遅らせます。まずは治る病気であることをしっかりと意識しましょう。そして次に大切なことはきちんと服薬を続けるということです。うつ病の治療薬と言うと副作用が激しいのではないか、長期に服用しても大丈夫かといった偏見がまだまだ残っていて薬を飲みたがらない方がいます。また周りに薬に対する理解が無く、少し症状が良くなると患者さんに薬を止めるようにすすめたりといったことも稀に起こります。今の治療薬は副作用も少なく、治療効果の高いものがほとんどです。自分に合った薬を医師の指示通り飲み続けることが回復への早道なのです。信頼できる医師を見つけてその指示に従って気長に治療を続ける、これがうつ病を治す最も基本的で重要なことではないでしょうか。

効くのは薬だけじゃない

うつ病治療の基本は抗うつ薬の服用になります。今は効果も高く、副作用の少ない優秀な抗うつ薬がどんどん開発されており、うつ病治療は以前よりずっと進化していると言えます。しかしながら心の風邪と称されるようにうつ病は心の病気でもあり、内服薬さえ飲んでいれば大丈夫という単純なものではありません。そこで今注目を浴びている治療法がこの認知行動療法なのです。認知行動療法とは物事の捉え方や考え方を変えることで心を楽にしたり、行動に変化をもたらしたりしようという治療法です。うつ病の方はとにかく極端に物事を捉え、ストレスを溜めこんでしまう傾向があります。そうしますと脳に負担をかけてしまうので病気に対して悪影響を与えてしまうのです。認知行動療法では、その辺りの認知に働きかけて考え方のブレを改善していきます。例えば抗うつ薬を飲むことは大切ですがいつまでも薬を飲み続けることに抵抗を覚えて、返ってそれがストレスになってしまうといったことがよく起こります。認知行動療法ではこうしたストレスを取り除き、薬による治療を受けやすくする効果も期待できます。また、うつ病は回復しても何かのきっかけでストレスがかかると再発しやすい側面を持っているのですが、認知行動療法で物事の捉え方を修正することで再発の防止にも役立ちます。何より気持ちが楽になり、回復が早まる気がするということでこの療法を支持される方が増えているのです。抗うつ薬か、それとも認知行動療法かということではなく、その人の症状に合ったそれぞれの側面を生かした治療を望みたいものです。

サブメニュー

元気がないのはなぜか

笑顔の男性

うつ病は、精神科や精神神経科で治療を受けます。休養と抗うつ薬によって徐々に症状が改善されます。うつ病の予防もしくは再発予防のためには、頑張りすぎないことと健康的な生活習慣を身につけることが重要になります。

» 読んでみよう